ショッピング情報

“エクセーヌ”に会えるショップをご紹介します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ソフトでエレガントな肌ざわりが特長の"エクセーヌ"は、通気性や耐久性にも優れています。 そして、長期間使用してもその美しい色彩は、変色や色あせ、色落ちなどがほとんどなく、虫く いやカビの心配もありません。日常の簡単なお手入れで、美しさや風合いを長くお楽しみいただ けます。ここでは、"エクセーヌ"のメンテナンスについてご紹介します。

“エクセーヌ”の生地をお求めの場合

生地問屋

エチケットブラシで軽くブラッシングして取り除いてください。

小売り

  1. 1.40℃程度のぬるま湯を染みこませ固く絞った布やワイピングクロスで全体を拭いてください。
  2. 2.乾いたらエチケットブラシで毛並みを整えるようにブラッシングしてください。このお手入れは月一回くらいの頻度で行うと効果的です。
(ご注意)
ぬるま湯は固く絞り、毛羽が強く乱れないように拭き取ることが大切です。また、布やワイピングクロスの汚れは充分取り除いてからご使用下さい。

“エクセーヌ”の製品をお求めの場合

インテリア製品

“エクセーヌ”そのものは水洗いも可能ですが、裏地、縫い糸などの付属品の関係から、石油系ドライクリーニングをおすすめします。

雑貨製品

シワになりにくい"エクセーヌ"の製品はほとんどアイロンの必要はありません。もし、アイ ロンをかける場合は、エチケットブラシで毛並みをそろえ必ずアテ布をし、120℃以下 (化繊目盛、低温など)で力を入れずに軽くかけてください。また、ドライクリーニング した上で保存する場合には、虫くいやカビの心配はありません。洋服などはハンガーに吊 ってカーバーをかけて保存すればシルエットが美しく保てます。

ソファなどのインテリア製品について

インテリア製品

液体汚れをこぼした場合は、こぼれた液体をティッシュペーパーなどを軽く当て 吸い取ってください。大部分の汚れはこれで取り去ることが出来ます。また、表面に乾燥 して固着してしまった泥汚れやコーヒーなどの乾いた汚れは、汚れ部分を軽くブラッシン グし取り除きます。ブラッシングの後、電気掃除機で乾燥汚れを吸い取ることも効果的です。

  1. 1.これらの方法で取れない場合は、40℃程度のぬるま湯を染みこませ固く絞った布やワイピングクロスで汚れ部分を外から内に各方向から拭いてください。
  2. 2.拭き取る布は常に新しいきれいな部分を汚れに当て、強くこすらないことが大切です。
  3. 3.表面のナップ(毛羽)が乱れたり、乱れが気になる場合は、軽くブラッシングしてください。
  4. 4.水拭き終了後は、完全に乾燥させてからご使用ください。
(ご注意)
液体を吸い取る際、ティッシュペーパーなどで強く押さえ過ぎると汚れがシートに染み込みかえって取れにくくなる恐れがありますので、軽く当てて吸い取るようにしてください。また、ぬるま湯は固く絞り、毛羽が強く乱れないように拭き取ることが大切です。ご使用になる布やワイピングクロスは充分汚れを取り除いて使用下さい。

雑貨製品

  1. 1.油性の汚れがついた場合は、乾いた布やティッシュペーパーで汚れが広がらないように出来るだけ拭き取ってください。
  2. 2.次に、ベンジンを染み込ませた布と乾いた布をご用意頂き、ベンジンを染み込ませた布で汚れ部分を外から内に叩いた後、乾いた布で浮いた汚れとベンジンを叩きながら吸い取ってください。
  3. 3.表面のナップ(毛羽)が乱れたり、乱れが気になる場合は、軽くブラッシングしてください。
  4. 4.水拭き終了後は、完全に乾燥させてからご使用ください。
(ご注意)
部屋の換気と火気に気をつけてください。窓を開けるか火の気のない換気扇の近くで作業することをお薦めします。また、ベンジンを染み込ます布にはベンジンを浸けすぎないようにし、浸けすぎた場合は軽く絞ってください(ポタポタこぼれ落ちるのは浸けすぎです)。
日頃のお手入れに家庭用洗剤を使った後、拭き取りが充分でないと残留した洗剤が“エクセーヌ”を構成するポリウレタンの強度を低下させ、“エクセーヌ”の表面品位を損なうなどの問題が生じる恐れがあります。洗剤のご使用は極力お避け下さい。尚、高濃度の洗剤(原液)の使用は最も問題を生じ易く、もし洗剤を使用する場合は、水などで10倍以上に希釈した洗剤を使うことは勿論、最後にきれいな濡れタオル等で洗剤成分を充分に拭き取るなどの点にご注意下さい。
お客様へ
  • お手入れ方法
  • ショッピング情報

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ